概要

「IT農業ネットワーク」は豊橋技術科学大学先端農業・バイオリサーチセンターで実施する「IT食農先導士養成プログラム」、「植物工場創生塾」、「6次産業 化」および「最先端植物工場マネージャー」各人材育成プログラムの修了生、受講生で構成される。


会員数(2017年7月末現在)

会員

447名

IT食農先導士

116名

植物工場管理経営士

60名

6次産業化修了生

174名

食Proレベル4認定

1名

食Proレベル3認定

50名

食Proレベル2認定

11名

人材育成プログラム

豊橋技術科学大学は「技術科学」に関する「知」を広く地域に還元することを理念とし、地域自治体、企業、地域信用金庫等と連携し、修了生を中心とした「IT農業ネットワーク」を通じて、地域の農業ICT化、6次産業化、植物工場化につながる取組を積極的に推進している。

#
View Project
IT食農先導士養成プログラム
「IT食農先導士」認定者は先端基礎農学、IT融合型生産管理技術と経営管理技術、最先端施設での高度実務訓練を経て、システマティックな工学的技術と思考力、ファージーに対応できる農学的技術と思考力を修得する。
#
View Project
最先端植物工場マネージャー人材育成
低迷する日本農業の復興のために、最先端施設園芸としての植物工場の管理運営できる「植物工場管理経営士」を養成する。
#
View Project
6次産業化
農業者や農業分野へ新規参入を検討している企業関係者、及び地方公共団体関係者等が、農商工のスキルを融合して6次産業化関連ビジネスなどの「あるべき姿」を設計し、その実施に向けての意思決定ができるような人材を育成する。 本講座の修了生は内閣府の国家戦略プロフェッショナル検定である「食の6次産業化プロデューサー」レベル3での申請が可能です。